たじまやのこだわり

たじまやのこだわり

もつ鍋とは本来、牛の内臓をニラやキャベツ、ニンニク、豆腐などとともに味噌味、醤油味などで煮ながら食べる博多の鍋料理であり、福岡市近辺の郷土料理として始まり全国に流行したものです。

当店ではそのもつ鍋を究極までにこだわってご提供させていただいております。
もつは店主自ら厳選した最高級黒毛和牛の小腸のみを丁寧に水洗いしたのち、ゆっくりと時間をかけながら薄皮を剥いでいくことにより、口の中に入れたときにとけるような食感がひろがります。    

もつ鍋たじまやのこだわり
もつ鍋たじまやのこだわり

キャベツは葉が肉厚で甘味の強いものをスタッフの実家で試行錯誤してつくりあげました。
切りごぼうは他のほとんどのお店が中国産の切りごぼうを使用している中、当店では国産の切りごぼうにこだわり、じっくりと水につけアク抜きした後に使用しております。
にんにくは日本一のニンニク、青森県の田子町産のニンニクを農家直送で送っていただき、スライサーでおろす時に隠し味を加えて、オリジナルのおろしにんにくを作っております。味噌においても全国各地の有名な味噌を取り寄せ、ブレンドし、全て手作業で作りあげています。
締めの雑炊のお米は根白石の契約農家からつや姫を使用しています。泉ヶ岳の麓のキレイな水で作るこだわりのお米です。これら直接農家とやり取りをして食材にこだわったもつ鍋は、オーダーを受けてから出汁の中に野菜、もつを入れて野菜の旨味ともつの旨味が最大限に出た後にお客様の元へお届けさせていただいております。
もつの油の融点の違い、キャベツの甘味によりスープの味が大分左右されてしまうので、その日仕入れた食材により味噌の分量を調整するという、ひとつひとつの食材だけでなく、作り方にもこだわった究極のもつ鍋を是非一度お召し上がり下さい!

仙台のもつ鍋たじまやお問い合わせ
 
求人情報はこちら